2012年7月

7月1日   「出会い」

久しぶりです!、月日が経つのが早いものであっという間に7月、「夏」ですね。
梅雨寒ですが、ここまで気温の低い日々が続くと、今年はもしや冷夏なのでは?と心配になります。
農業を始めて以来、毎日細かく天気予報をチェックし、仕事の段取り計画を立てていますが、局地的なゲリラ豪雨のかたや房総では一滴も降らなかったり、ほんと異常気象を肌で感じています。大自然の中で生かされていることを実感しますし、自然の猛威にはかないませんが、これからは異常気象が来ることを当然のものと想定して、リスク管理をしつつ、自然との調和のとれた農業をしていきたいなと思います。

さて、忙しさにかまけてさぼっていたブログですが、一ヶ月の間に色んなことがありました。
まず、医学ジャーナリスト氏家京子さんとの出会い!ご紹介されたときはゲルソン療法?医学ジャーナリスト?とハテナマークでしたが(今も未知の世界ですが)ガン等の重大な病気に食事から見直すことで改善が見られる(間違っていたらご指摘ください)療法で、ゲルソン療法の著書・翻訳多数です。
とっても素敵なお方で各地で講演や料理教室をされています。HPはこちらhttp://www10.plala.or.jp/healthfreedom/

療法の実践や料理教室の際に僕の野菜を使ってくださることに非常に喜びを感じます。有機野菜を作っていてよかったなと実感します。
トウモロコシの全滅や現在も様々な害虫や農薬・化学肥料を使用しないことによる労力の問題に頭を悩ませていますが、こういった先進的活動をされている方に必要とされることで迷いを断ち切ることができそうです。 
他にも、有機栽培ということで購入してくださったり応援してくださる方が、最近増え、本当に励みになっています。
正直、ブログを書く元気がなくなるほど落ち込んでいたり栽培方法で悩みに悩んでいたので、少し元気がでました。

大ロットで出荷できる八百屋さんにも出荷契約できました!
野菜を使っていただいている、鴨川の海が一望のおしゃれなフレンチテイストレストラン「FUSABUSA」http://fusabusa.jp/ さんに紹介していただきました。 イタリアンやフレンチに強い八百屋さんなので、フィノッキオのようななかなか販路に悩む野菜を大ロットで出荷できるのは助かります。

昨日は、最近知り合った、本気で「房総の明日」を考える農家、Yさんの誘いで夜の館山へ。 「浜焼き」をご馳走してくれる♪ とのことでほいほい付いて行きましたが、着いてびっくり。会長や社長も同席され、移住者も多数。 会長の熱弁から、どうやら「房総を元気にするぞ決起集会!」の様子。会長のアツイ語りは続き、夜も更けていき・・ってなことはなく農家の朝は早いので、皆良い子の帰宅時間。 貧乏人の僕は久々のおなかいっぱい(笑)ごちそうさまでした^^
移住者達は、都会の若者ってかんじで、おしゃれだし、房総スタイルではない(失礼!) でも、そういう若者が南房総市の三芳村という地区にたくさん移住して農業を始めているのは、すごく嬉しいし仲間意識を感じる。 しかもジェンベ(アフリカンタイコ)を毎週やっているというのだから、宮城で少しジェンベをたたいていた僕も毎週は無理だけど参加して~ってことで意気投合した。 息抜きには最高だね^^

イイ出会いにかんしゃかんしゃ!

さて明日は早起きして下北沢の南房総アンテナショップ「おんだら市場」http://ondaraichiba.jugem.jp/ に出荷します!

7月24日

「サラリーマンに戻った?」
いやいや、ちゃんと農業やってますよ!
宮城の知人農家からこんな電話がかかってきました。 あまりにもブログの更新をさぼっていたので農業辞めたと思ったのでしょうか(笑)
ということできちんと農業やってますのでご安心ください。
おてんとさん昇る頃畑に行き、日が沈む頃帰ってきます。夜は8時に寝て翌朝に供えたいとこですが、青年就農者給付金やら認定就農者やら役所関係の提出書類がどっさりで深夜まで書類に追われてるカンジです。
IMG_0402.jpg
ズッキーニ、好評でした。3種類やりましたが、右の黄色と黄緑のWカラーズッキーニが食味・見た目ともgood!誰も作ってないし、来年はこれ一種類で攻めます。10月11月の秋栽培にもチャレンジしますのでお楽しみに。

甘長とうがらし(京野菜の万願寺とうがらし系)、ナス、イタリアンナス、枝豆もまもなく出荷できそうです。
これからどんどん色んな野菜を栽培します。秋は30種類くらいです。
9月から順に・・
食用ホオズキ・ショウガ・安納芋・ズッキーニ・サラダほうれんそう・さやえんどう・いんげん・にんじん・サラダ小松菜・ロメインレタス・
秋かぼちゃ・秋じゃが・大豆・秋とうもろこし・ブロッコリー・カリフラワー・白菜・大豆・かぶ・ビーツ・寒じめほうれんそう・寒じめこまつな・チンゲンサイ・シメはイタリア野菜で。

レパートリーが増えてきたらセット野菜考えますので、よろしくおねがいします。

本日、有機農家のためのスキルアップ研修に参加してきました。
安房農業改良普及所主催のセミナーで同じ目的を持つ仲間作りと栽培技術の向上が目的です。
12月まで全6回、12月には海ほたるで自分たちの有機野菜の販売会をやります。
「農薬使わなきゃろくにとれないよ」「無農薬は趣味の世界で仕事にするのはムリ」話せば決まってこの回答。まじでもううんざりしてた。
有機農業の仲間が欲しかったし、技術的にも迷える子羊状態なのでこういう場を提供してもらえるのはすごくありがたいです。
同世代の話せる仲間ができたし、先を行く先輩もできて、ビジネスとしての有機農業に不安を感じていた僕に方向性が間違っていないことを再確認できた。
有機農業に正しい道やマニュアルなど存在しないけれど、茨の道も信じる力で勇気100倍です!

  • 最終更新:2012-07-25 08:15:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード